●大規模小売店舗立地法とは
 
平成12年6月より「大規模小売店舗立地法(大店立地法)が施行されました。大規模小売店舗の新設、または開店後に施設の配置や運営方法を変更することによって生じる生活環境への影響(交通渋滞、騒音、廃棄物など)を緩和し、周辺の生活環境との調和を図ることを目的に、地域住民や市町村の意見を聴きながら大規模小売店舗の設置者に一定の配慮を求めていく手続きを定めた法律です。

 店舗面積1000平方メートル以上の大型店の設置者は、大規模小売店舗立地法(大店立地法)に基づき、店舗の新設・施設運営等の変更届け出に際して、交通や騒音、廃棄物等に関して調査予測を行う必要があります。弊社では設置者にかわりこれらの調査予測業務を実施し、届出書類の作成や、地元説明会の実施等をサポートする業務を行っております。
●大規模小売店舗立地法の基本的な手続きの流れ